かわの歯科医院|埼玉県上尾市の歯科医院(歯医者)。上尾駅から徒歩5分。夜8時まで診療(夜間診療)。土曜も診療|矯正歯科

かわの歯科医院

埼玉県上尾市宮本町10-30

矯正治療

虫歯・歯周病予防までを考慮した治療体制

当院では専門教育を受け、しっかり臨床経験を積んだ歯科医師が治療を担当します。

また、矯正治療を「専門」に行っている医院と異なり、当院では虫歯治療や歯周病治療も行っていますので、矯正治療を行う前の初期処置(虫歯治療や歯周病治療)、矯正治療中の虫歯予防・歯周病予防が適切に対処できます。

矯正治療中は「器具」をお口の中に入れますので、汚れが付きやすく、虫歯や歯周病になってしまう可能性が高まります。せっかく歯並びが綺麗になったのに、虫歯や歯周病になってしまい、お口の「審美性」「機能性」がおかしくなってしまったら本末転倒ですよね。「歯を綺麗に並べる」という基準だけではなく、「虫歯や歯周病にならないための処置をしっかりできるのか」も1つの判断基準として医院選びをしていただくことを強くお勧めします。

次節から「成人矯正」と「小児矯正」に関して当院の方針をご紹介させて頂きますので、下記の興味のある項目のボタンを押し、ご覧ください。

美しい歯並びを獲得するための精密診断

歯科治療は、治療を始める前の診査・診断が非常に重要となります。特に矯正治療は数年かかる治療ですので、初めの診査・診断にミスがあった場合、軌道修正に更に時間をとられてしまい、患者さんの経済的・肉体的負担が大きくなりますので、慎重に行わなければなりません。

当院では、安心して、そして納得して治療に入って頂くため、歯科医師の経験と勘に頼るのではなく、精密な診査診断に基づいた治療を行っております。

次節からは「成人矯正」と「小児矯正」に内容が分かれますので、ご希望のボタンをクリックしてご参照ください。

成人矯正 小児矯正

成人矯正のお話し

矯正治療を望まれる成人の方からよくご相談を受けるのは「仕事をしているので、できれば目立ちにくい矯正装置を付けたい」「短期間で治療を終えたい」「なるべく歯を残して矯正をしたい」などです。これらのご要望に対して当院では何ができるのかをこれからお伝えいたします。

目立ちにくい矯正装置

皆様がイメージされている矯正装置は下の画像のように金属色が目立つものだと思います。
この金属色が気になり、なかなか矯正治療に踏み出すことができなかった方も多かったと思います。当院では金属色の部分を半透明にした装置を利用しておりますので、「金属色」に抵抗があった方でも安心です。また、ワイヤー部分を目立ちにくくしている装置もご用意しております。

短期矯正治療

矯正治療というと「痛みがある」「治療期間が長い」というのが皆様のイメージかと思います。しかし、最近では矯正装置が改良され「痛みを抑え」たり、また、「短期間」での治療が可能になっています。
短期矯正治療実現のために当院が行っている取組みをご紹介させていただきます。

ストレートワイヤー
現在の矯正治療では、スタンダードエッジワイズ法といわれる、ワイヤーを折り曲げてセットする方法が主流です。ところが、この方法ではいくつか問題点が出てきました。
そこで、当院では「ストレートワイヤー」(下記画像右)を採用しております。
それぞれの治療を比較してみましょう。

<従来のスタンダードエッジワイズ法>
歯それぞれの厚みを考慮してワイヤーをセットするため、ワイヤーを折り曲げながらセットしていく必要があります。歯並びを動かしていくには、治療経過に合わせて適切なワイヤーのサイズ・材質に変えていきますが、その度に折り曲げる度合が異なり、それが咬みあわせの問題を生じさせることがあります。また、ワイヤーがくねくねと折れ曲がっているため、カーブの部分が口内を傷つけるということもあります。
さらに、ワイヤーの曲がり具合の誤差を修正するため治療時間が長くなります。

<ストレートワイヤー方式―かわの歯科採用>
ストレートワイヤー法とは、正式にはストレートワイヤー・エッジワイズ法といい、スタンダードエッジワイズ法と同じエッジワイズ法から発展した矯正テクニックです。
形状記憶合金(ニッケルチタン合金)のワイヤーを用いて、ワイヤーの元の形に戻ろうとする力を利用して矯正していくというものです。
大きく曲げる必要がないため治療の誤差がなく、より短期間での治療が見込めます。

誤差が少なく、短期間での矯正治療をご希望の方は、ぜひご相談ください。

ローフリクションブラケット
痛みの軽減、期間の短縮のカギを握っているのが、ブラケットとワイヤーと呼ばれる矯正装置間の「摩擦」の度合いです。

専門的なお話は割愛させて頂きますが、摩擦が大きければ、痛みや、長期間治療の原因となります。逆に摩擦が小さければ、痛みの軽減、短期治療を可能にします。

従来の矯正装置は、結さつ線と呼ばれるもので、矯正装置を固定していました。

価格は約30万円。矯正による治療。リスクとしては、矯正施術中に痛みが生じる事があります。

結さつ線を利用すると、どうしてもブラケットとワイヤー間で「摩擦」が生じてしまい、痛みや治療の長期間化の原因となっていました。

しかし、最近では「低摩擦(ローフリクション)」を可能にした矯正装置が多く開発され、痛みの軽減、治療期間の短縮に貢献しています。

インプラント矯正
矯正治療は2年~3年の期間がかかるのが通常です。
しかし、「インプラント矯正」を利用することで、1年半~2年と短期間での治療が可能となる場合があります。一般的な歯列矯正の場合、「自分の歯を支点」にして他の歯を動かしていきます。
しかしこの場合、綱引きの原理で動かしたくない歯まで動いてしまうことがありますし、力が分散してしまうことで治療期間が長くなってしまう欠点がありました。

しかし、インプラント矯正の場合、「インプラントでしっかり固定されたスクリューを支点」にするので、動かしたい歯を引っ張ると、その歯だけがスムーズに移動してくれるため、力が分散されず治療期間が短くなります。歯列矯正に使用するインプラントの植立は「5分程度」の簡単な作業で完了し、歯の移動が終われば除去します。
除去した後の歯肉や顎骨は1週間程度で回復します。

最近では、「就職」や「結婚式」など、大切な記念日に合わせて矯正治療を考えられる方も多くなってきました。矯正により、お顔(口元)の第一印象を良くし、患者さんが新しい環境で気持ちよくスタートするためのお手伝いができたらいいなと思っております。まずはお気軽にご相談ください。

可能な限り歯を抜かない「非抜歯」矯正治療

「可能な限り歯を抜かないで治療をしてほしい」というご要望を患者さんから頂きます。
確かに可能な限り歯を抜かずに矯正したいですよね。歯の大切さを理解している私たちも同じ意見です。しかし、綺麗な歯並びや咬み合わせを作り出すには、歯を抜いた方が良い場合もありますので、「非抜歯矯正」を望まれる方はまずはお口の中を拝見させて頂き、抜歯で対応するのか、非抜歯で対応するのかをお伝えさせていただております。

小児矯正のお話し

親御さんにお伝えしたいことは、少しでも歯並びが気になりだしたら、治療するしないにかかわらずまずはお子様のお口を見せてくださいということです。早い時期にしっかりとした検査を行う事でお子さんにとって理想の治療時期を予測することができたりもしますし、矯正治療ではなく、咬合誘導と呼ばれる簡易な治療で対応できることもあります。

※咬合誘導とは?
子供の歯から大人の歯に生え替わるとき、ささいなボタンのかけ違いで歯並びが悪くなってしまうことがあります。その徴候を早めに見つけることで、簡単・短期間で歯並びを整えることが可能となります。これを「咬合誘導」と言います。咬合誘導は大人の歯がすべて生えてからの矯正とは違い、抜歯したり、歯を動かしたりといったものではありません。早い時期に適切な咬合誘導を行うことで、歯並びが安定して後戻りしにくくなり、場合によっては本格矯正治療が必要なくなることもあります。
均整のとれた適切な歯並びは「見た目」だけでなく、「集中力や持続力」などお子様の生活全般のレベルアップも期待できるという研究報告が出ていますので、歯並びがおかしいなと思いましたら、治療するしないにかかわらず、まずはお気軽にご相談頂けたらと思います。

また、当院で矯正治療を行う際は、大人の治療とは異なり、お口の状態に合わせて様々な装置を利用します。
よく利用しているのが「床矯正」という手法です。
これは、歯並びを改善するのではなく、永久歯が適切に生えてくるスペース(顎の幅)を作り出す治療となります。

この装置は、以下のような特徴があります。

床矯正のメリット

① 小学校低学年が適齢期です。 (状態によっては3歳ぐらいからも治療可能)
② 極力歯を残して矯正が可能です。(歯を抜く必要もある場合があります)
③ 取り外しができるのでむし歯や歯周病、歯肉炎になりにくい。
④ ワイヤー(針金)を使った矯正治療よりは見た目が良いです。
⑤ 歯並びが変わることで顔つきが良くなることがあります。

床矯正のデメリット

① 患者さんの協力が必要になるので「やる気」が大事です。
② 12歳以上でも治療可能ですが、大人の歯は大きく、またあごの骨がお子さんと比べると硬いため時間がかかる場合が多いです。

その他、受け口(下顎が上顎よりも前に出ている歯並び)のお子様には「フレンケル」という装置を利用することもあります。

お子様のお口の状況に合わせて適切な装置をご紹介させて頂きます。

その他にも、お子様の矯正装置は様々なものがあります。取り外し可能な装置、夜間のみ装着すればよい装置等。お子様のお口の状況に合わせて適切な装置をご紹介させて頂きます。

そもそも矯正治療が必要な歯並びとは?

さて、矯正治療が必要と言われる歯並びはどのようなものがあるのでしょうか?
代表的な歯並びを当院で治療した症例をお見せしながらご説明します。

出っ歯

皆様が良く知っている歯並びですね。上顎の前歯が下顎の歯よりも大きく前に出ている歯並びです。

開咬

奥歯が噛んでいるのにもかかわらず、前歯が噛んでいない歯並びです。

受け口

下顎が上顎よりも前に出ている歯並びです。

叢生(乱ぐい歯)

歯が様々な角度で生えてデコボコになってしまっている歯並びです。

価格は約30万円。矯正による治療。リスクとしては、矯正施術中に痛みが生じる事があります。

いかがでしたでしょうか?
特にお子様の歯並びの場合、親御さんが「矯正した方がいいかな?」と思った時や、ちょっとでも歯の乱れがある場合は、適切な治療開始時期を逃してしまっていることが多々ありますので、大人の歯が生える前に調べておく必要があります。治療するしないにかかわらず一度ご相談にお越しください。今の子供たちは堅いものをあまり食べないため、アゴの発育が悪い傾向があります。顎の成長を促す食生活や、治療開始の時期を含め、一度お話させてください。

矯正治療の流れ

1.相談(初回無料)

お悩みやご希望をお聞きします。

2.精密検査(3万円)

精密検査の結果をもとに、矯正治療全般に関して詳しくご説明をいたします。
少しでも疑問点がございましたら、再度ご説明し納得いただいたうえで、治療を開始するかどうかのお返事をいただきます。もちろん、この段階で治療を受けないという選択をしていただいても全く構いません。

3.治療開始

歯に装置をつけ、歯に力を加え始めます。

4.通院

歯を動かす期間は1~3カ月に1回通院して頂きます。

5.治療終了

矯正装置を外します。但し、そのまま外しただけですと「後戻り」という現象を起こすため、保定装置(取り外し可能な装置)を装着して頂きます。

※保定装置は症例にもよりますが、約1年~3年間(通院は6カ月~1年に1回程度)主治医の指示に従って使用して頂きます。
使用しないと後戻り(歯並びが悪い状態に戻ること)を起こし、再度矯正をする必要が出てきます。

6.メインテナンス

保定装置の使用を確認後、当院のメインテナンスを定期的に受診して頂き、保定装置を終了する時期まで、経過を観察していきます。

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

  • 無料相談
  • インターネット予約

症例集

症例に関してはこちらをご参照ください。

料金体系

料金体系はこちらをご参照ください。